コラム

【激白】第2回:好きなことを仕事にする。飲食店経営者の1日。

◆飲食店経営に必要なのはセンスではない

飲食店経営者に聞きたかった質問があるのですが、"飲食店経営に必要なスキル" ってありますか?

いっぱいあるね。飲食店をやるときって、美味しい料理を作ろうとするんだけど、それと同等かそれ以上に重要なことがもっとあるんだよね。例えばお金の計算や接客・コミュニケーション、お客様の喜んでもらう方法とか。

たしかに、それは料理の味以前にお店を経営する上で必須ともいえますね。

それと目標を達成するためにはどうするべきかなどプロセスを組み立てる力とそれを実行する力は必要かな。

なるほど。お話を聞いていて、経営者だけではなく、自分で考えられる自立した社会人になるためのスキルとも言えそうですね!

会社に勤めている人は、会社からの目的や指示をもとに仕事をするけれど、自分が上の立場になると、誰も指示をしてくれないからね。何をするかも全部自分一人で考えなければいけないよね。

あとは、これは出来ないな…と感じた時にすぐに辞められる勇気決断力が必要かな。辞めることは悪ではない!

一度始めちゃうとなかなか辞められない気持ちになっちゃうけど、大西さんは常に "辞める" という選択肢を用意していますよね。

そう。ダメなら辞めて、他のことしたほうが絶対にいいよ。

その気持ちの切り替えと決断力、尊敬します (※スズキはかなりの優柔不断です)

変化についていく気持ちを持っていることが大事なのかもしれない。 “もし飲食店を始めて、お客様が合わなかったら” とか “自分の思い描くお店が作れない” と思ったときに、全てを完璧に決めてしまっているから辞めにくいんだと思う。

大西さんは辞めるという選択を繰り返して、現在料理人をされている。